Jメールにサクラ・業者はいる?見分け方・特徴を解説!

美女と出会えると評判のJメールですが、出会い系サイトにサクラや業者はつきもの。

ここを見分けれるに越したことないですよね?

そこで今回、サクラや業者の見分け方、特徴についても詳しく解説しちゃいます!

これを読むことで、

  • 余計なメール料金が減る
  • ムダなやりとりの時間が減る
  • 業者に会わずにすむ

などのメリットがあります。

是非参考にしてくださいね!

Jメールにサクラ・業者はいるの?

驚かれる方もいるかもしれませんが、現在のJメールにおいてサクラはいません!

理由はJメールほどの老舗の大手出会い系サイトだとサクラを雇うメリットがないからです。

というのも、サクラの存在意義は偽の登録女の子でサイトが盛り上がっていると思わせる目的があります。

ですが、Jメールほどの人気出会い系サイトとなると一般の女の子が自然に登録し自然に盛り上がっているので、運営がサクラを雇うメリットがまるでありません。

ただし業者はいます!

業者という存在が運営とはまるで関係ない立ち位置にいるからです。業者自らの収益のためJメールを違反承知で利用し、一般女性を扮して、数々の手法で一般の男性相手に営業をしかけてきます。

セキュリティが高く、パトロールを徹底しているJメールとはいえ、次々に登録してくる業者を取り締まり続けるのは至難の業。また、業者もJメールという人気サイトを生かし登録している男性相手に効率よく商売ができるようです。業者視点でいえば店舗も構える必要もないので、経費もかからず非常に営業しやすい場所ともいえます。

これがJメールに業者が存在する理由となります。

Jメール業者の見分け方5選

業者の一番の特徴としてはとにかく時間にうるさいところです。

業者は雇っている女の子を効率よく回してお金を稼ぎたいわけですから、長時間拘束されるのを非常に嫌います。会って時間を気にしている女の子がいたら怪しんだほうが良いかも。

とはいえ、業者に会うだけで嫌な気持ちになりますし、出来るなら会わないに越したことないですよね?

そこでJメールのアプリ、サイト上でも見抜ける見分け方5選ということでご紹介していきます。

Jメール業者の見分け方1.モデルのような美女

どこかの画像を無断転載している業者の可能性が高いです。
後ろめたさから顔の一部にスタンプを入れていると、更に業者の確率が高くなります。

Jメール業者の見分け方2.作りこみ過ぎている長文プロフィール

業者が営業文として考え抜いた確率が高いです。一般人でもメンヘラの可能性があります。

Jメール業者の見分け方3.至る所にアダルトなワードがある

業者が男性の心理を利用した罠である可能性があります。

Jメール業者の見分け方4.利用端末がPC

一般女性で今時PCからJメールをやっている人はかなり少ないです。まず業者かと思います。

Jメール業者の見分け方5.メッセージが頻繁にくる

あなたがよほどのイケメンでもない限り、むこうからメッセージが頻繁に来るのは業者の営業です。

などが業者です。一つあてはまっていてもかなり怪しく、複数ならアウトです。

参考にしてください。

Jメールでサクラ・業者以外の特徴や見分け方は?

業者の見分け方を覚えたうえで一般女性の見分け方も覚えてしまえば、完璧です。

さっそく一般女性の特徴ですが、これは意外なことにプロフィールにあまり力を入れていない人ほど一般女性の可能性が高くなります。

例えば、

  • 写真がまあまあブレている
  • 自己PRが明らかにやる気がない
  • ドライブ、旅行好き

などです。

いったん業者の立場でこれらを考えた場合、男性に営業をかけるにはあまりに雑ですし、長時間拘束されるドライブなどはもってのほか。

ですので、これらの女性は一般女性である可能性が高いです。

こういった女性の心理ですが、一見出会うことに興味なさそうに見えます。

ですが、実際Jメールに登録しているわけで、会ってみると意外にノリノリだった実例もあります。単純に性格の問題かもしれません。

一般女性の見分け方としてあとは、ピュア板に新規登録してきた新人の子は大チャンスです(業者はアダルト板に登録します)。

新人の子は一般女性であるばかりか、登録したてで好奇心でいっぱいなので会える確率が非常に高いです。

他にも細かいところでは、

  • 年齢が高めに設定されている
  • 職業が事務職など、あまり男性の興味をひかない職業
  • 返信が異常に遅い

などは一般女性の可能性が上がります。覚えておいてくださいね。

Jメールにサクラ・業者とは違うキャッシュバッカーがいる

Jメールで男性が1メッセージ送ると、70円かかるわけですが女性は無料です。

そして、実はこのメッセージのやり取りにおいて女性限定の機能で更におまけでポイントが付与されます。Jメールの場合、メールを男性から受信した場合は5ポイント、女性から男性にメールを送信すると2ポイントの付与です。このポイントは1ポイントあたり1円にキャッシュバックできます。

メッセージ代が無料の女性はこれをやり続けることで、ちょっとしたお小遣い稼ぎになるのです。

非常に厄介なのがこの「キャッシュバッカー」です。

キャッシュバッカーに会えることはないです。

一応、出会う目的がないと運営に判断された女性は取り締まりの対象になりますが、業者のように目立った動きもないため発見は困難を極めます。また、悪質とはいえ実際にメッセージは男性と重ねているわけですので、こちらから物申すのにも勇気がいります。気づけば相手の思惑通りやり取りを続け、メッセージ代だけがかさんでしまった、なんてこともあります。

キャッシュバッカーの歴史は古く、元々は女性会員の登録促進でつくられた制度です。

というのも、出会い系サイト自体が男性登録者の割合が多く、その事からメッセージを男性から待つ女性で大半だったからです。

この制度を採用することで女性登録者から行動するように、という運営の思惑があったようです。

思惑とは外れ現在は利用する男性の頭を悩ませる要因となっているようですね。

Jメールのキャッシュバッカーの特徴、見分け方も!

キャッシュバッカーの特徴はとにかくメッセージを引き延ばすことです。

  • 短文
  • 質問で返す
  • さみしさを出してくる
  • 長文でとても優しい
  • 逆にめっちゃ煽る

みたいな手を使ってきます。

Jメールに限った話ではありませんが、男性にとってメッセージ代が安くはない出会い系サイトは、基本的に「ライン交換の場」として機能しています。

使い慣れた男性はこれで安く運用しています。

無料の女性側もそれを理解していて、多くてもメッセージ10往復もすれば、Jメールの場合普通ライン交換まで発展します。

「いいよメッセージ代、かかるよねー」

という感じですね。

実は最近のキャッシュバッカーはそれを理解していて、

  • いきなり返信が途絶える(その後復活)
  • 会うことをちょうどいい具合にチラつかせてくる
  • Jメールで複数の男性にアプローチされていることをアピールしてくる

という小技を使ってきて、こちらにライン交換の提案する隙も与えない戦術です。

「なんかライン交換渋る子だな…」

と思ったら、いっそあきらめたほうが良いかも。

また、キャッシュバッカーの見分け方の一つとして似たような掲示板投稿ばかりしている子も要注意。

掲示板にもポイントのバックがあるらしく、機械的にやっているキャッシュバッカーもいます。

Jメールサクラ・業者を避けて出会いの成功率を上げよう!

今回はJメールでサクラや業者の見分け方についてお伝えしてまいりました。また、厄介なキャッシュバッカーについても。

業者やキャッシュバッカーを見分けることで、一般女性に会う機会も増えます。結果的に更に出会いの成功率も高まることでしょう。

Jメールは素敵な一般女性が沢山登録していますので、是非遊んでくださいね!

\即ヤリOKな人妻が見つかる出会い系サイト/
今なら無料会員登録で20人の人妻と出会えるチャンス!