人妻・専業主婦をセフレにする方法とコツを伝授!出会い系サイトでゲットしよう!

人妻専業主婦セフレ

セフレが欲しいと思った時に平日休みを取得できるなら、出会い系サイトで人妻専業主婦をセフレ候補として加えると濃厚なセックスを味わえます。
なぜなら、独身女性とは異なりセフレ男性と知り合う機会が少ないからこそ、日頃溜まった性欲をここぞとばかりに発散するからです。
では、どのようにして人妻を誘えば人妻でありながらセフレになってくれるのでしょうか。
出会いのきっかけと方法をご紹介します。

人妻は欲求不満が溜まりやすい

人妻となった後も仕事を続ける人妻は毎日を忙しく過ごすので、性欲が爆発するほど溜まることは少ない傾向にあります。
疲労困憊している状況下では性欲よりも食欲や睡眠欲が上回るので、主婦をしていて欲求不満が溜まりやすいのは、自由に使える時間を工夫次第で用意しやすい専業主婦に多くなるわけです。

また、次のような傾向が日本の人妻にはあるので、専業主婦ほど欲求不満を抱えやすくなりがちです。

人妻が欲求不満な理由1.セックスレスが増える

結婚3年目を迎えると生活が安定してきているだけでなく、様々な要因により日本の場合にはセックスレスが増える傾向にあります。
女性の性欲は30代から40代が最も多くなりますが、男性は20歳頃をピークとして年齢とともに下がる傾向が強いです。
個人差が大きいのでセフレが欲しいと考えている精力旺盛な男性がいる一方、結婚3年目以降を迎えた夫はセックスのマンネリ化と家族のために収入を上げようと責任感ある立場により疲労度が増します。
このため、疲れて帰宅する夫はセックスする余裕がなくなり、結果として外での仕事を抱えていない専業主婦にとっては欲求不満が溜まることになるわけです。

人妻が欲求不満な理由2.暇な時間が多くなるほど性欲が我慢しづらい

中学生に運動部を勧める理由の1つとして、第2次性徴を迎えて性欲が旺盛になった生徒の性欲を運動により発散させる意味合いがあります。
専業主婦は外での仕事によるストレスに晒されている兼業主婦よりも、家事を効率的に行う工夫と慣れによりスピートアップすることで暇な時間が多くなりがちです。
とくに子供が小学校へ入学する頃になると、子供が帰宅するまで自由になる時間を平日は作りやすくなります。
趣味に没頭できるタイプなら男性とは異なり、性欲を抑えることができますが、暇な時間が多くなるほど性欲を我慢しづらくなってくるわけです。

行動力のある人妻ほどセフレにしやすい

人妻をセフレにする際には、セフレになってもよいと潜在意識で思っている女性をターゲットにするほど成功率が上がります。
なぜなら、女性の性欲には個人差があるだけでなく、子供を出産した後は女性よりも母としての役割へ完全に切り替えてしまう人が珍しくないからです。
女性から母になってしまっている人妻を再度女性に戻すことは、最初から女性としてセックスしたいと思っている人妻よりもセフレにするハードルが高くなります。
そこで、既に女性として見られたいと思っている人妻のサインを見逃さないようにすることが重要です。

セフレにしやすい人妻の特徴1.スポーツクラブで汗を流す人妻は体型維持に余念がない

性欲が高まっていても女性向けの風俗店が一般的ではないために、スポーツで汗を流して気を紛らわせようとしている人妻ほど運動をしっかり行っています。
女性として魅力的に見られるために体型維持が重要と考えており、容姿を褒められることに対して喜びを感じるタイプです。
スポーツクラブで仲良くなり大人の関係が深まることが珍しくないのは、体型維持に余念がない人妻ほど女性としてもう一度見られたいという願望を持っているからです。

セフレにしやすい人妻の特徴2.出会い系サイトに登録している人妻はセフレ願望がある

性欲を紛らわせる方法としてスポーツを選択できず、人恋しさを感じている人妻の中には出会い系サイトへ暇つぶし名目で登録している人もいます。
暇つぶしというのは見ず知らずの相手と会うことにまだ怖いという気持ちがあるからの建前であって、本音は気になる相手がいたらホテルデートをしてもよいと考えているはずです。
出会い系サイトで会った後にセフレになる人妻が多いことは、実際に既婚者の出会いに寛容な出会い系サイトを利用してみればわかります。

人妻との出会いは身近な場所にもある

人妻や専業主婦とセフレになりたいと思っても、身近な人妻相手ではいざという時に人間関係でトラブルとなりかねません。
とはいえ、全く見ず知らずの人妻と知り合いになれるチャンスが無いからとセフレ作りを諦めがちです。
しかし、身近な場所であっても時間の都合さえつけば、意外にも出会いのチャンスがあります。

人妻と出会える場所1.スポーツクラブやカルチャースクール

スポーツクラブやカルチャースクールへ通っている専業主婦は、常に同じ場所へ通い続ける傾向があるため、新たに参加した男性をチェックする傾向があります。
スポーツクラブには同じ講師が複数の会員を相手にするクラスがあるので、専業主婦が集まるクラスへ参加してみることが出会いのチャンスです。
初参加のときは上手くできないことが多いので、「意外と難しいですね。失敗しちゃいました。」といった何気ない会話を隣の専業主婦と行い、出会いのチャンスにすることもできます。
また、カルチャースクールではペアで作業することも多いので、ペアになった専業主婦と仲良くなればホテルデートのチャンスが広がります。

人妻と出会える場所2.ショッピングモール

確率的にはナンパと同程度の成功率と低めですが、ショッピングモールへ1人で来ている専業主婦も出会いの対象として見ることができます。
ショッピングモールでナンパをしている人を見かけたことがある人も多いように、女性が1人で悩んでいる時に軽く声掛けして様子見する方法が有効です。
警戒だけされて終わりという場合だけでなく、何気ない所から話が広がることも人恋しさを抱えている専業主婦相手ならばありえます。
女性は話し好きですから、聞き上手になって話をしているうちにカフェへ誘うといった方法があるわけです。
焦らず連絡先交換まで行えれば、じっくりとセフレを目指して外堀を埋められるはずです。

効率的に人妻をセフレにしたいなら出会い系サイトがおすすめ

人妻と知り合いになるチャンスを紹介しましたが、実は人妻とセフレになれる確率は低く、セフレ作りを諦めてしまう人が出てしまいます。

出会い系サイトがおすすめな理由1.ナンパや偶然の出会いでは成功率が低い

ナンパやスポーツクラブで誘うといった出会いの方法は、そもそも性欲が強い女性以外にも声をかけてしまうことになるので成功率が低くなりやすいです。
ナンパの成功率が低いことは、条件反射で断ってしまう女性が多いことと男性に対しても好印象をもつ女性が少ないことが挙げられます。
一方、スポーツクラブやカルチャースクールでの出会いについては、友達までの範囲しか発展しない可能性が含まれるのでホテルデートまで持ち込むための手間と時間が多く必要です。
セフレ候補になるかどうか人妻の中から見極めた上で、最終的にセフレになってくれる人妻の人数には限りがあります。

出会い系サイトがおすすめな理由1.ホテルデートまで視野に入れている

出会い系サイトに登録している人妻は、性欲を発散させたいと思っていても自分から誘えないために誰かに構って欲しいと考えています。
人妻ならば身バレを極度に警戒することになるので、基本的にアダルト掲示板への書き込みを行うはずがありません。
プロフィール写真についても、未掲載またはペットの写真といった直接本人だとわからない範囲の写真しか使わないでしょう。
そして、男性から誘われた時に知り合いではないか探りを入れる質問をした上で、待ち合わせ場所に現れる時点では既にホテルデートまでは覚悟している状態です。
出会い系サイトなら同時に複数の人妻とメッセージ交換ができるので、待ち合わせ場所に来てくれる人妻の人数を手軽に増やしてセフレ候補にしやすいです。

人妻セフレを逃さない方法

人妻とホテルデートへ持ち込む方法がわからないために、セフレ候補を逃してしまうことは勿体ないです。
独身女性とは異なり人妻との出会いでは、既婚者ならではの貞操観と性欲の間で揺らぐ気持ちを考慮しましょう。
貞操感は建前・性欲を肯定するための言い訳を用意してあげることが成功の秘訣です。
ストレートにホテルデートへ誘っても建前で思わず断ってしまう女性心理を理解してあげる必要があります。

人妻セフレを逃さない方法1.ゆっくり人妻の話を聞く

出会い系サイトを使って待ち合わせ約束を行い、成功して会えたとしてもいきなりホテルデートへ持ち込むことは、最初からセフレ関係に同意している場合に限られます。
人妻側から身バレを防ぐためにホテル近くでの待ち合わせを行い、そのまますぐにホテルデートを望む場合には別の都市での待ち合わせを提案して様子見しましょう。
なぜなら、人妻が警戒していても食事やカフェで話すことすら受け入れない場合には、人妻側に特殊な事情を抱えているリスクがあるからです。
セフレになる前の時点で食事またはカフェで話すといったことは、認識の違いが発生していても埋められるチャンスと考えられます。

人妻セフレを逃さない方法2.ホテルへ行く言い訳を与えてあげる

話をした上で双方が納得したら、次の段階としてホテルデートへ誘う流れとなります。
食事やカフェ、または飲んだ代金を男性側が支払い、この後の予定としてゆっくりできる場所へ行かないかという同意を求めれば奢ってもらったからという言い訳で付き合うという流れを作るわけです。
わずか数千円を奢った程度では影響が無いと思われがちですが、貞操観念を突き破るためにホテルへ行く言い訳として提供するだけの意味合いがあります。
本当は人妻にとって許容範囲の相手ならばホテルデートをしても構わないと思っているはずです。
あくまでも重要なことは、ホテルへ行くことに同意する言い訳を用意することです。
用意できるかどうかが、人妻を最初のホテルデートへ誘えるかを左右します。

人妻や専業主婦をセフレにする時の注意点

人妻や専業主婦をセフレにしようとした時には、既婚者ならではの配偶者バレ対策が必要なことは誰にでもわかります。
ですので、注意しなければならないポイントがどこにあるのか理解しておきましょう。

人妻セフレの注意点1.不倫目的の専業主婦をセフレにすると面倒になりやすい

セフレはセックスを行うだけの関係であって、恋愛感情を伴わないことが大前提。
同じ既婚者相手にセックスを行う不倫は、恋愛感情を伴うという点で大きく異なります。
人妻をセフレにした際には、人妻側から勝手に恋愛感情を持たれてしまい不倫関係に発展してしまうと、離婚後に結婚を迫られてしまう事態になりかねません。
そこで、セフレ相手が人妻だと分かった時点で不倫関係を希望しておらず、セフレ関係のみという宣言を忘れずに行う必要があります。

人妻セフレの注意点2.転勤によりセフレ関係が終了する可能性がある

配偶者である夫が大黒柱として働いているからこそ、専業主婦は家事・育児を中心とした役割のみで外へ働きに行かずセフレと会う時間も確保できているわけです。
このため、配偶者の転勤に伴い人妻は必ず転勤先へついて行く必要があり、結果的にセフレ関係が転勤と共に自然消滅します。
そこで、配偶者が転勤族の場合には、次の転勤時期をあらかじめ確認しておくことにより、次のセフレを事前に探しておく心構えが可能です。
人妻は自分だけの都合で住む場所を選べない点に注意しておけば、セフレがいきなりゼロとなる事態を避けられます。