シングルマザーをセフレにする方法!出会い系サイトでシンママとセックスしよう!

シングルマザーをセフレにする方法

離婚の増加や女性の社会進出に伴い、シングルマザー(シンママ)は増えています。仕事も子育ても一人で担うシングルマザーを恋愛相手やセフレにしたいという場合、普通の独身女性やバツイチ子なし女性を相手にするのとは違った工夫が必要です。
シングルマザーの魅力や出会い系サイトでシングルマザーと出会い簡単にセフレにする方法、さらには付き合うなかで気をつけるべき点を解説します。

シングルマザーをセフレにするメリット

「なんとなくエロそう」などと勝手にイメージされがちなシングルマザーの実態はどのようなものでしょうか。全員に当てはまるわけではありませんが、シンママには以下のようなメリットがあることが多いです。

欲求不満が多くセフレにしやすい

家庭内に夫という存在がいないため、当然ながら日常的にセックスする機会が少ないのがシングルマザーの特徴です。とはいえ健康な女性には変わりないので、満たしようのない性欲を抱え、欲求不満になっていることが多いのです。
ところが仕事以外の時間には育児という重労働も待ち受けているので、気軽に男性と遊ぶ時間も作れません。さらにシングルマザー独特の「世間の目を気にする」という特徴や子どもへの気遣いもあり、彼氏を作るのもためらうという女性がたくさんいます。
恋人を作ることにためらいがあるシングルマザーと知り合えればニーズが一致しやすく、とんとん拍子に体の関係に持ちこめることがメリットといえます。

テクニシャンが多い

当然ですが、男性の存在がなければ子どもを作ることはできません。シンママに子どもがいるということは男性経験があるということですし、避妊を忘れるような情熱的なセックスをしていたといえるケースもあります。
また、男性に尽くす意識やサービス精神が豊富なシンママも多く、そうした女性は男性を喜ばせるための努力を惜しみません。ですので必然的に、セックスのテクニックが上達していることも多いのです。
なかには経験豊富になる前に結婚して出産したシンママもいますが、「自由になった今はなんでもできる」「今度は自分の快楽を追求してみたい」と考える女性もいます。積極的にセックスを楽しむ姿勢があると技術の向上も早いですし、未経験のテクニックを教えこむ喜びを味わえることもありますよ。

ダメ男に引っかかりやすい

セフレ対象になるような年齢のシンママには夫と死別という人はそう多くはなく、離婚歴があったり、独身のまま出産していたりすることがほとんどです。いずれにしても、幸せな家庭を築ける男性と出会えなかった点は共通しています。
シンママになった理由が、共に過ごす将来を想像できる相手かどうか、厳しく見極める前に体の関係になってしまったという場合、そうした恋愛傾向は簡単には変わりません。楽しい雰囲気に流されてつい体を許してしまうシンママだと、難なくセフレにすることができます。シンママが付き合う男性に求めるハードルが低いというのも気楽に遊べる理由の一つといえます。

シングルマザーをセフレにするデメリット

メリットが多く魅力的なシングルマザーですが、デメリットはどんな点でしょうか。また、そのデメリットを避けるにはどうしたらよいのでしょうか。

仕事と子育てで忙しい

家計の支え手とメインの育児担当者を一人でこなしているので、シングルマザーにはとにかく時間がありません。仕事を掛け持ちして夜遅くに保育園に迎えに行くなど、普通の子育て世帯とは時間軸が異なることもあります。ですので、四六時中一緒にいたいとか、会いたいときにすぐ会えないと嫌だという男性は不満に思うこともあるかもしれません。
ただその分、シンママと限られた時間を効率的に楽しむ貪欲さや、年中束縛されなくて済むというメリットもあります。時間の節約のため自宅で会うことを望むシンママもいるので、ホテル代さえかからないというお手軽なデートパターンもあります。割り切ってセフレとして楽しむには、最適な存在ではないでしょうか。

男に依存しやすい

一人で負う責任が大きい分、頼れる男性を見つけると依存しやすいのもシンママの特徴です。頼られることを喜べるタイプの男性にはぴったりですが、経済面の援助や父親代わりの作業を頼まれるようになると重く感じても無理もありません。
シンママと付き合い始めの時期に気を引こうとしてなんでも許容するのではなく、「できるのはここまで」というラインをはっきりさせておくほうがいいでしょう。自分の生活に影響しない範囲をきちんと押さえておくと、楽にシンママと付き合えますよ。

シングルマザーと出会うなら出会い系サイトをオススメする理由

職場や友人にもシングルマザーはいるけれど、わざわざ出会い系サイトで探す必要はあるのか、あるとしたらそのメリットはどんな点でしょうか。

身近な場所では探しづらい

シングルマザーはただでさえ、周囲から「離婚されるような欠点のある女」「子どもに寂しい思いをさせている母親」などと見られるのではないかと警戒しています。実際、心ない言葉を浴びせられることもあるのでやむを得ない反応です。さらに彼氏やセフレを作るとなればなおさらで、周りの目を気にするあまり、独身の割には職場などで簡単に恋愛関係になることをためらうことが多いのです。
ですが、そんなシンママでも出会い系サイトなら気軽に匿名で相手を探せます。シンママ仲間から勧められて出会い系サイトに登録する女性もたくさんいますよ。男性側から見ても、周囲からすぐに「再婚するの?」などと騒がれるわずらわしさを避けられますね。

欲求不満なシングルマザーを見つけやすい

いくら出会い系サイトといっても、プロフィールに「欲求不満です」と明記するシンママはそう多くありません。とはいえ、忙しい時間の中でわざわざ出会い系サイトに登録するのは、暇つぶしというよりは楽しい時間が欲しい、欲求不満を発散させたいという気持ちの表れといえます。
出会い系サイトで欲求不満なシンママを見つけるキーワードは、「ほっとしたい」「仕事と子育て以外の時間が欲しい」などの言葉です。その裏には、「日々の重圧から解放されてセックスを堪能したい」という願望が隠れていることが多いので、書き込みを見つけたらチャンス到来かもしれません。いきなりガツガツと迫るのではなく、少しずつ事情を聞いて親しくなることがセフレへの近道ですよ。

出会い系で知り合ったシングルマザーの落とし方

出会い系サイトでは会うまでに苦労しそうなイメージがある方もいるかもしれません。実際にシングルマザーと知り合ったらどうすれば落とせるか、見ておきましょう。

シンママの特性を理解する

周囲からどのように見られるかを気にしたり、子どもに対して離婚を負い目に感じていたりするのがシングルマザーの特徴です。また、男性に軽く見られるのではないか、遊ばれるのではないかと不安を感じる女性もいます。
ですので、その辛さに寄り添い「そんな事情なら離婚も仕方なかったね」「お子さんのためにいつも頑張ってるね」など、シンママの事情を理解していることを表す優しい言葉をかけてあげましょう。すると「この人はほかの人とは違う」と感じ、シンママは心を開きやすくなります。シンママの心をつかめれば、セフレ関係も手に入りやすくなりますよ。

ストレス解消になるよう話を聞いてあげる

稼ぎ手と育児の担い手、両方を担当せざるを得ないシングルマザーは、負う責任が重いわりにストレス発散の機会を持ちにくいものです。限られた時間でメッセージのやり取りやデートをするので、そこで新たなストレスを与えるような言動は禁物です。子育てや離婚について説教するようなことは避け、とにかくシンママの話を聞きましょう。
じっくり話を聞いてもらうことでシンママに限らず女性は安心するものですし、心の距離が近づくとともに体でもつながりたい気持ちが強くなります。

一人の女性として扱う

シンママ独特の心理を踏まえた落とし方も必要ですが、「シングルマザー」としての見方しかしないような接し方は喜ばれないので気をつけましょう。たまたま女性が一人で子どもを育てているだけで、あくまでも普通の女性であることに変わりはありません。母であることの責任から、セックス中は解放されたいと望む女性もたくさんいます。「子どものお母さん」としてではなく一人の女性として扱い、余計なことは言わずにセックスに没頭させてあげましょう。

シングルマザーとセフレとして付き合う際の注意点

シングルマザーをセフレにする場合、独身同士にはない注意点があります。気楽な付き合いをするためにぜひ読んでみてください。

結婚願望の有無を見極める

家庭を持ちたい、子どもを持ちたい男性にとっては、シンママと付き合うと奥さんと子どもを同時に手に入れられてメリットになるかもしれません。ですが、セフレとして遊びたいだけという男性には結婚の話題は負担でしかありませんね。
いつも子どもと一緒に会いたがるとか、早い段階から男性の職業や収入を気にするといったシンママは、「新しいパパ」として頼れる男性を探していることも多いです。深い関係を持つ前に「再婚は考えてるの?」とはっきり聞いて確認しておいたほうが面倒を避けられます。
ちなみに、別居はしていてもまだ離婚が成立していないという場合だと、夫にバレて男性が慰謝料請求されることにもなりかねないのでこの点も注意しましょう。

子どもとの距離感を決めておく

忙しいシンママとのデートは、時には子連れということも考えられます。記憶に残らないような赤ちゃんならともかく、物事がわかる年齢だと子どもの心を傷つけてしまう可能性もありますし、男性のほうも責任を感じてしまうことがありえます。
結婚前提のお付き合いでない場合は、「子どもとは会わない」「シンママ本人との関係が成熟してから子どもと会う」など、自分の中でルールを設定してからお付き合いしたほうがいいでしょう。

出会い系サイトでシングルマザーをセフレにしよう

シングルマザーは忙しい生活の癒しとして男性を求めます。その気持ちを理解して寄り添えれば、意外と簡単にセフレにできるのがメリットといえるでしょう。
反面、精神面や経済面で依存されて思わぬ苦労をさせられる可能性もあるので、その点だけは慎重に判断して相手を選ぶべきです。ここはプロフィールやメッセージのやり取りでじっくり検討できる出会い系サイトの利点を存分に生かすべきところです。
割り切ってセックスを楽しみたいというシンママセフレをゲットすれば、男性側も時間や労力の無駄なく存分に遊ぶことができますよ。